HOME > ニュース > 2020年 > 9月

2020年09月戻る

「心臓大血管外科 教授 紙谷寛之先生 YouTube 対談特別編」
2020.09.24

留学・心臓外科医のチームWADAチャンネル

心臓外科医対談企画の特別編

ゲスト:心臓大血管外科教授の紙谷寛之先生

 

旭川医科大学 心臓大血管外科教授の紙谷寛之先生に、ドイツ留学のこと、キャリアのこと、旭川医科大学の心臓外科研修のこと、などなど全部で10個の質問をしました。

実際、旭川医大での心臓外科研修は手術をたくさん執刀したい若手にとって素晴らしい環境になっていて、4年目の医師がCABG執刀、6年目医師の年間執刀数は40例とかなりの手術数を経験できます。

ドイツ留学に興味ある方、旭川医科大学の研修に興味ある方、紙谷教授に興味ある方、留学後の日本におけるキャリアに興味のある方は必見です。

【目次】

はじめに
紙谷先生の自己紹介
質問1 心臓外科医になろうと思ったきっかけは何ですか?
質問2 心臓外科医を辞めようと思ったことはありますか?
質問3 若手の頃はどういう外科医でしたか?
質問4 ドイツ留学のきっかけを教えてください
質問5 医局員の海外留学についてどう思いますか?
質問6 ドイツ留学に必要だった資格や語学などを教えてください
質問7 ドイツで指導医になった時のことを教えてください
質問8 日本とドイツの病院・心臓外科の違いについて
質問9 日本に帰国した理由について教えてください
質問10 旭川医科大学の今後のビジョンについて
おわりに

リンク https://www.youtube.com/watch?v=PwT03hewriM
ぜひご覧ください。