研究・最先端医療

第59回日本人工臓器学会で、日本移植学会に続いて人工心臓や人工肺などとともに、企業展示されました。
2021.11.29

「旭川から発信した、いのちをつなぐ移植臓器灌流保存装置(現在、多施設共同臨床試験中)が、

先週行われた第59回日本人工臓器学会で、日本移植学会に続いて、人工心臓や人工肺などとともに、企業展示されました。」

 

肝胆膵・移植外科学、萩原正弘先生の論文が「Surgical Case Reports」にアクセプトされました。
2021.11.08

肝胆膵・移植外科学、萩原正弘先生の論文が「Surgical Case Reports」にアクセプトされました。

 

Hagiwara M, Iwata Y, Takahashi H, Imai K, Yokoo H, Ishitoya S, Ogata M, Matsuno N, Sumi Y, Furukawa H.

Severe liver injury with traumatic cardiac arrest successfully treated by damage control surgery and transcatheter arterial embolization in the hybrid operating room: a case report.
Surg Case Rep. 2021 Oct 30;7(1):234. doi: 10.1186/s40792-021-01317-1.

「第57回日本移植学会(東京)にて、松野先生が代表を務める国内初の多施設共同臨床試験の中間報告とともに この臨床試験に使用された旭川で発信された移植臓器保存装置が、コロナ肺炎で大活躍したECMO装置とともに展示されました。」
2021.10.11

肝胆膵・移植外科、横尾英樹先生がLENVATINIB-HCC Meet The Expert Forumで特別講演を行いました。 「切除不能、境界肝細胞癌に対するレンバチニブ投与後の肝切除~根治を目指した治療展望~」
2021.09.16

肝胆膵・移植外科、横尾英樹先生LENVATINIB-HCC Meet The Expert Forum

特別講演を行いました。

『若い頃の急性骨髄性白血病に対する2度にわたる造血細胞移植後の腎移植』 旭川医科大学病院 腎移植チームがプレスリリースしました 。
2021.09.01

2度の造血細胞移植による急性骨髄性白血病治療後の生体腎移植に成功し、

松野先生が「読売新聞」、「北海道新聞」より取材を受けました。


ウェブ許諾表記:北海道新聞社許諾D2109-2203-00024066

肝胆膵・移植外科と札幌医大との共同研究、医療機器等における先進的研究開発、開発体制強靱化事業 基盤技術開発プロジェクト「高齢者のがん外科治療を支援するデジタルプラットフォームを開発する研究」がスタートしました。
2021.05.01

肝胆膵移植外科札幌医大との共同研究、

医療機器等における先進的研究開発開発体制強靱化事業 基盤技術開発プロジェクト

「高齢者のがん外科治療を支援するデジタルプラットフォームを開発する研究」

スタートしました。

外科学講座 血管・呼吸・腫瘍病態外科学分野 小児外科 宮城 久之先生が日本外科学会における、2020年 「Surgical Case Reports Best Reviewer Award」に輝きました。
2021.04.27

外科学講座 血管・呼吸・腫瘍病態外科学分野 小児外科 宮城 久之先生
日本外科学会における 

「2020年 Surgical Case Reports Best Reviewer Award」

輝きました。

詳しくはこちら

肝胆膵・移植外科学、高橋裕之先生が日本学術振興会科学研究費 若手研究に採択されました。
2021.04.01

肝胆膵移植外科、高橋裕之先生が日本学術振興会科学研究費 「若手研究」に採択されました。

高橋裕之:胆道癌における形態別にみた上皮内病変の胆管内分布とclonality

肝胆膵・移植外科、横尾英樹先生がArtificial Intelligence in GastroenterologyのEditorial Board Memberに選出されました。
2021.04.01

EDITORIAL BOARD CERTIFICATE

Dear Dr. Yokoo,

First of all, I would like to congratulate you on becoming a member of the new Editorial Board for the Artificial Intelligence in Gastroenterology. I particularly hope that under your guidance the Artificial Intelligence in Gastroenterology will experience stable growth over the next four years.

Number ID: 03262165
Publication Name: Artificial Intelligence in Gastroenterology
Personal Information: Hideki Yokoo, MD, PhD, Associate Professor, Division of HBP and Transplant Surgery, Department of Surgery, Asahikawa Medical University, Asahikawa 078-8510, Hokkaido, Japan
Position: Editorial Board

旭川医大肝胆膵・移植外科と東京大学肝胆膵人工臓器移植外科との全国共同研究「下大静脈腫瘍栓(Vv3)合併肝細胞癌の手術成績の検討」が倫理委員会で承認されスタートしました。
2021.03.01

旭川医大肝胆膵移植外科東京大学肝胆膵人工臓器移植外科との

全国共同研究「下大静脈腫瘍栓(Vv3)合併肝細胞癌の手術成績の検討」

倫理委員会で承認されスタートしました。