HOME > 病気を知る > 潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)

潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)戻る

潰瘍性大腸炎は、免疫抑制剤・白血球除去療法など内科的治療が発達し、緊急で手術を受けなければならない人は減少しています。この病気が若い人に多いことから、傷が小さくてすむ内視鏡手術を行う病院が増えています。手術は、肛門近くの直腸から盲腸まで大腸を全て取る手術と小腸で作ったJパウチ(小腸の末端を折り曲げて縫い合わせJ型袋状に作ったもの)と肛門をつなぐ手術、小腸の一時的人工肛門作成と閉鎖を2回に分けて行うのが標準です。手術をする理由としては、社会的なものや、炎症を母地とした癌の発生(colitic cancer)によるものが増加しています。手術後はパウチに炎症を起こす人が多いため、定期的な内視鏡検査による早期発見・治療を奨めています。

治療は、下部消化管グループで行います。