HOME > 病気を知る > 僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)

僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)戻る

僧帽弁のしまりが悪くなり、血液が左心室から左心房へ逆流する病気です。弁を修理する手術が多くの場合可能です。早期に手術をした方が症状が出てから手術するより明らかに予後が良いとされていますが、その場合は弁形成術(弁の修理術)の経験豊富な外科医を選ぶことが大切です。

治療方法 胸腔鏡を用いた僧帽弁形成術

治療は、心臓外科で行います。

資料提供:エドワーズライフサイエンス(株)