HOME > 病気を知る > 三尖弁閉鎖不全症(さんせんべんへいさふぜんしょう)

三尖弁閉鎖不全症(さんせんべんへいさふぜんしょう)戻る

右心室と右心房の間の三尖弁のしまりが悪くなり、血液が右心室から右心房へと逆流する病気です。ほとんどが大動脈弁や僧帽弁が悪いために起こる、いわゆる二次性の閉鎖不全症です。ほとんどの場合で弁形成術が可能です。

治療は、心臓外科で行います。