HOME > 病気を知る > 急性大動脈解離(きゅうせいだいどうみゃくかいり)

急性大動脈解離(きゅうせいだいどうみゃくかいり)戻る

大動脈は内膜・中膜・外膜と3層構造になっていますが、内膜に亀裂が入ることにより、大動脈が内膜側と外膜側に解離する、いわば大動脈が内側から裂ける病気です。解離に伴い大動脈が破裂する場合もありますし、大動脈が避けることにより、様々な分枝が閉塞し、脳梗塞や腸管虚血など、重篤な合併症を引き起こすこともあります。発生部位により、初期治療は大きく異なります。

治療は、心臓外科で行います。