HOME > 外科の紹介 > ごあいさつ 教授 紙谷寛之

ごあいさつ 教授 紙谷寛之戻る

心臓大血管外科学分野
教授 紙谷 寛之

平成26年3月に着任いたしました。私は平成9年に北海道大学を卒業し、金沢大学にて心臓血管外科の研修を受け、平成15年から平成26年まではドイツのハノーバー医科大学、ハイデルベルグ大学、イエナ大学、そしてデュッセルドルフ大学にて勤務してまいりました。

臨床に関しては、低侵襲心臓手術、胸部大動脈手術および重症心不全に対する外科治療を3本柱に臨床に取り組んでまいりました。低侵襲心臓手術と胸部大動脈外科については順調に軌道に乗ったと自負しております。重症心不全に対する外科治療については、補助人工心肺や体外式補助人工心臓などの経験を蓄積しつつあります。2019年には植込み型補助人工心臓の認定施設ともなりました。道北およびオホーツク海沿岸地方の心不全患者さんの最後の砦として機能する所存です。

幸いなことに、着任以来順調に症例数も増加し、2019年は開心術約200例を初めとして、約310例の心臓大血管外科手術を行いました。大学病院では教育・研究も行われますが、それも充実した臨床があってのことです。今後も、地域の循環器科の先生方の信頼に応えられる手術成績を出し続けていけるよう、更なる努力を重ねる所存です。

研究に関しては、ワシントン大学から小山恭平博士を専従研究者として招聘して以来、加速度的に進みつつあります。現在は心筋分裂の研究、組織工学を応用した細径人工血管の開発、大動脈外科における凝固異常のメカニズムの解明を3本柱として研究に取り組んでいます。また、臨床研究に関しては、症例報告が中心ではありますが、着任後当科における英文論文数は40編を超えました。今後も積極的に世界に向けて発信していく所存です。

教育面に関しては、着任以来25名の医師が我々のチームに加わってくださいました。現在は主に道内の関連病院で研鑽を積んでいますが、積極的に国内・国外留学も行っていく予定です。ドイツ・デュッセルドルフ大学に1名が留学中であり、2名の医師が道外のハイボリュームセンターで研修中です。また、来年度からはさらに2名の医師が国立循環器病センターに留学予定です。アメリカの医師資格であるUSMLEも2名の医師がStep 1を取得済みであり、将来的にはアメリカにも留学先を広げていく予定です。みんなで力を合わせることにより、より大きなチャンスをつかみ取っていく、そんな勢いのある医局運営を目指しております。

地域に溶け込んだ大学病院でありつつも、世界標準の治療を供給できる、そのような理想像に向け、スタッフ一同、皆で力を合わせて努力しています。また、患者さんの不安を少しでも軽減できるよう、心の通った治療を心がけています。24時間365日、ホットラインで救急対応しております。地域の先生の方々、そして心臓の手術が必要と言われた患者さま、どうぞお気軽にご相談ください。