HOME > 移植医工学治療開発講座

移植医工学治療開発講座戻る

Department of transplantation technology and therapeutic development


松野 直徒

移植医工学治療開発講座

特任教授 松野 直徒

ご挨拶

2017年8月、旭川医科大学に寄付講座「移植医工学治療開発講座」が開設され、消化器病態外科学分野 講師を兼任しつつこの講座の特任教授に就任いたしました。

本講座は、より信頼性の高い移植医療を確立するため、私が4年前、旭川医科大学消化器外科、移植外科 古川博之教授よりお誘いを受け、東京、国立成育医療研究センターで行っておりました臓器灌流保存機能再生システムの研究を北の大地で発展させ医薬理工・産学連携研究で臨床応用を目指すことを目的としています。

北海道出身で高校卒業以来長く北海道を離れ、移植外科を国内、国外で研さんしてきました。寄付講座の出資者である中央精工株式会社は北海道医療機器開発ネットワークを介した企業選びでビジネスだけではなく、人の命を救うことに情熱をもって関わりたいという志の高さ、開拓魂に心を打たれました。

100万人当たりの臓器提供者数はアジアも含めても世界最低水準の中、移植適応に迷う機能低下リスク臓器を評価して、回復させ移植可能な状態にすることで救える命を確実に救いたいという強いモチベーションがあります。

この技術は世界で特に、腎臓移植では普及しており、臓器保存学を日本に普及させることがまず第一歩です。そして回復、機能再生を目指して肝臓などの臓器へも応用していく予定です。幸い、志を同じくする研究仲間は多く、北の国から世界へ発信しつつ、挑戦する姿を次の世代の医師、研究者に見せたいと思っております。

スタッフの紹介

  • 客員教授 小原 弘道
  • 客員准教授 暮地本 宙己
  • 客員講師 金澤 寛之
  • 中篠 哲也(獣医)
  • 研究員 鳥海 飛鳥(獣医)
  • 秘書 水野 千晴

講座概要

臓器灌流保存機能再生システムの開発を中心に、医薬理工・産学連携研究で研究開発及び臨床応用を目指します。同分野は中央精工(旭川)と共同で、ドナー臓器の機能を回復させ、最適な状態で長く保存する装置を開発中です。実用化を目指し、全国の臨床系大学と多施設共同研究をスタートさせる予定です。さらに、講座では北見工大や首都大学東京、旭川高専などと外科系医療機器関連のものづくりイノベーションも進めるほか、医学生に対してブタ臓器を使った外科手技習得の取り組みも継続的に行います。

講座構成

共同研究者
首都大学東京 機械工学
准教授  小原 弘道 (客員教授)
帯広畜産大学
准教授  暮地本 宙己(客員准教授)
北見工業大学 機械工学
教 授  柴野 純一
准教授  吉田 裕
国立旭川工業高等専門学校
教 授  岡田 昌樹
奈良医科大学 化学
教 授  酒井 宏水
国立成育医療研究センター
東京医科大学
客員教授 絵野沢 伸

獲得した公的研究費一覧

・松野 直徒(研究分担者)
ふくしま医療福祉機器開発事業費補助金、H26-28、6,500,000円
移植医療のための腎臓灌流保存システムの開発
・松野 直徒(研究代表者)
スタートアップ補助金(ノーステック財団)、H29、2,000,000円
腎臓灌流保存装置の開発:医療技術の向上と普及、医療費削減を目指して
・代表 大原みずほ
研究活動スタート支援17H06697、H29-30、2,557,500円
ブタ糖尿病合併脂肪肝モデルの確立と積極的機械灌流による虚血再灌流障害の克服
・松野 直徒(研究代表者)
基盤研究C 17K10503、H29-31、4,550,000円
マージナルドナー適応拡大のための人工赤血球を用いた積極的機械肝臓灌流
・松野 直徒(研究分担者)
基盤研究B 15H03922、H28-H30、2,563,330円
未来医療にむけた臓器機能維持、再生、評価のための肝臓内流動特性の解明