旭川医科大学 外科 旧第一外科・第二外科

研修医募集・見学希望 ホーム メニュー お問い合わせ

大学血管・呼吸・腫瘍病態外科学分野 心臓大血管外科学分野 肝胆膵・移植外科学分野 消化管病態外科学分野

病院血管外科/心臓外科/呼吸器外科/乳腺外科/小児外科/肝胆膵・移植外科/消化管外科

HOME > 研修医募集・見学希望 > 研修医の皆様へ > 紙谷寛之教授 研究マインドを持った外科医の養成

紙谷寛之教授 研究マインドを持った外科医の養成

心臓外科では、熱いハートを持った同志を募集しています

外科学講座 心臓大血管外科学分野
教授 紙谷 寛之

 心臓外科では、熱いハートを持った同志を募集しています。我々の外科医教育についてのコンセプトは以下の通りです。

(1) ドライラボ・ウエットラボの活用による手術手技の鍛錬

外科医となる上で、特殊な才能は必要ありませんが、練習はもちろん必要です。旭川医大では、卓上での手術手技練習の充実を図っており、初期研修医であっても教授をはじめとする上級医からの直接指導を頻回に受けることができます。

(2) 早期より執刀経験を積む

以前は心臓外科というと施設のトップのみが手術をし、下の先生は助手や術後管理のみを行うといったスタイルが一般的でありました。
心臓外科は患者さんの生死に直結する診療科であり、また学ぶべきことも多いため、トレーニングにある程度時間はかかりますが、旭川医大ではキャリアの早期より積極的に執刀経験を積ませることにより、優れた心臓外科医の育成に努めます。

(3) QOLを尊重した勤務体制

患者さんを健康にするためには、我々医療従事者自身が心身ともに健康である必要があります。
旭川医大では連続する当直はしない方針です。
また教授も含めて皆で病棟に当直業務を負担することで、若手が過重労働とならないように努めています。

(4) 研究マインドを持った外科医の養成

医師は医療者であると同時に医学者でもあるべきです。若手の内から積極的に症例報告・論文作成に取り組むことにより、研究者としての視点の育成に努めます。さらに深く研究したいと思った場合、国内外への留学なども可能です。

(5) 海外留学を通じ、異なる外科文化を体験する

私自身が長期間にわたり海外勤務をしてきました。最近の若者は海外に出たがらなくなったとよく聞きますが、短期間であっても海外で研修を積むことは、その後の人生にとり大きな意味を持つことになります。
旭川医大で研修に励む若手の方々には、積極的に海外留学をしてもらおうと考えています。

以上、私の教育に関する考え方を述べさせていただきました。
若い諸君とともにここ旭川で日本最高レベルの心臓外科を作り上げていきたいと思っております。

Profileを見る