心臓外科
ホットライン 旭川医大心臓外科 ご相談はこちら

HOME > 治療チーム > 心臓外科 > 胸腔鏡を用いた僧帽弁形成術

胸腔鏡を用いた僧帽弁形成術戻る

胸腔鏡を用いた僧帽弁形成術

従来胸の真ん中を約30センチにわたり大きく切開し行っていましたが、当科では2014年4月より胸腔鏡を用いて右乳房下に約6センチの切開で僧帽弁の形成術を行っています。傷が小さく手術も従来法に比べて短時間で終わるため、手術後の回復も速く、術後約1週間で退院可能です。高度な技術が要求されるため、まだ日本ではあまり普及していませんが、2014年3月に当科に赴任した紙谷はドイツで約10年間この技術に取り組んでおり、ドイツでもトップクラスの成績を収めてきました。

  • cardio_p_1
    僧房弁形成後
  • cardio_p_2
    術後創部(男性)
  • cardio_p_3
    術後創部(女性)