心臓外科
ホットライン 旭川医大心臓外科 ご相談はこちら

HOME > 治療チーム > 心臓外科 > 小さく開ける大動脈弁手術

小さく開ける大動脈弁手術戻る

小さく開ける大動脈弁手術

大動脈弁狭窄症は最も頻度の多い弁膜疾患であり、重症となれば弁を取り換える弁置換術が必要になります。当科では約6-8センチの傷でこの手術を行っています。胸の真ん中にある胸骨という骨を部分的に開きますが、傷が小さいため術後の痛みも少なく、より早い社会復帰が可能です。

  • cardio_p_4
    皮膚切開(7cm)
  • cardio_p_5
    大動脈弁置換後