心臓外科
ホットライン 旭川医大心臓外科 ご相談はこちら

HOME > 治療チーム > 心臓外科 > 動脈グラフトを多用した冠動脈バイパス術

動脈グラフトを多用した冠動脈バイパス術戻る

動脈グラフトを多用した冠動脈バイパス術

心臓の周りを取り巻く冠状動脈が狭くなったり完全に詰まったりした場合に、冠状動脈のバイパス術が必要となることがあります。これは、狭くなったところより遠いところに新しい血液の流れ道を作る手術ですが、足の静脈をバイパス材料として使用すると、10年後に約半分が再び詰まってしまいます。我々はより長持ちする動脈をたくさん使ったバイパス術で、より優れた手術後の生活の質を目指します。

cardio_p_10
冠動脈3枝バイパス術後